贈与とは

「難しいことは、わからん」



・贈与者のあげます、受贈者のもらいます、という双方の意思表示により成立する
・書面によらない贈与の場合、履行する前であればいつでも取り消すことができる


・土地所有者の名義変更の対価が無償であった場合、土地の贈与があった者とみなす


・受贈者が一定の給付をする義務を負う贈与
・受贈者が負担に相当する義務を履行しない場合、受贈者は贈与契約を解除できる


・贈与者が志望した場合に贈与の効力が発生する贈与
・当事者同士が書面で合意しても、贈与者の死亡前であれば贈与契約の効力は生じない


・贈与者が受贈者に対して一定期間を定め、定期的に給付することを目的とする贈与

「ちゃんと、あげるよ」


・その贈与があった年の翌年の2月1日から3月15日までに贈与税の申告書を納税地(原則として、受贈者の住所地)の書簡税務署長に提出する


・贈与税の配偶者控除のような申告用件のある規定の適用を受けるためには、納付すべき税額がない場合でも申告する必要がある

 


・延納期間は最長で5年までしか認められない
・延納を受けるためには、担保を提供することが必要であるが、円納税額が50万円未満かつ延納期間が3年以下の場合は不要である
・物納は贈与税では認められない


・(課税価格ー110万円(基礎控除))×税率ー控除額

・生命保険等・・・被相続人および保険受取人以外の者が保険料を負担していた場合に支払われた死亡保険金は贈与税と見なされ、非課税制度はない


・低額譲渡・・・譲渡財産の相続税評価と譲渡対価の差額に贈与税が課税される


・負担付贈与・・・贈与財産の相続税評価額と負担額の差額に贈与税が課税される


・不動産、上場株式等で低額・負担付譲渡があった場合、相続税評価額ではなく、通常の取引価額(株は課税時期の終値)で評価する


・定期贈与・・・一括贈与、あるいは有期定期金に関する権利の贈与を受けた者として贈与税が課税される


・夫婦それぞれの負担金額(自己資金+住宅ローン)で所有割合を決定し、共有持分登記をしなければ贈与税が課税される


・法人からの贈与財産(一時所得なので所得税となる)
・公共事業用に供する財産
・扶養義務者相互間における生活費、または教育費
・香典、ご祝儀、お中元(社会通念上必要と認められる場合)
・特別障害者扶養信託に基づく信託受益権(6000万円まで)
・離婚に伴う財産分与(社会通念上必要と認められる部分)
・相続開始の年に被相続人から贈与により取得した財産
・債務の免除を受けた場合、その贈与と見なされた金額のうち、その債務を弁済することが困難である部分の金額

「少しでも安いと助かるね」


・法律上の婚姻関係があり、贈与時までの婚姻期間が20年以上であること
・贈与税が0円になっても贈与税の申告書を提出すること
・同じ配偶者からは一生で一度だけ有効
・贈与を受けた年の翌年の3月15日までに、その居住用不動産に居住し、その後も引き続き居住の用に供する見込みであること


・(その年分の贈与税の課税価格ー贈与税の配偶者控除(最高2000万円)ー基礎控除(110万円)))×税率ー控除額

 


・居住部分のみが配偶者控除の適用対象となる

 


・20最以上で所得金額が2000万円以下である者は非課税限度額まで課税されない
住宅取得等資金
・住宅用家屋の新築、建築後使用されたことのない住宅用家屋、既存住宅用過酷の取得、所有していた家屋への増改築等の対価に充てるための金銭
贈与税額
・(その年分の贈与税の課税価格ー非課税限度額-110万円)×税率ー控除額
・非課税限度額・・・平成24年は1000万、25年は700万、25年は500万

 


・贈与時に贈与財産に対する贈与税を計算し、その後の相続時にその贈与財産と相続財産を合計した価額を基に計算した相続税額から、すでに支払った贈与税があればその金額を控除する制度


・贈与者の場合は65歳以上の親(特定贈与者)
・受贈者は20歳以上の子である指定相続人
・年齢の判定は贈与年の1月1日


・種類、金額、回数に制限はない


・その選択に関わる最初の贈与を受けた年の翌年2月1日から3月15日までに相続時精算課税選択届け書を贈与税の申告書に添付する
・本制度は相続時まで継続して適用される



・特定贈与者からのその年の贈与財産の合計ー最高2500万円)×20%
・2500万円は複数年にわたり利用できる非課税金額(特別控除)
・贈与者(親)以外の者から贈与を受けた場合、基礎控除110万円を控除し、超過累進税率を乗じて贈与税額を計算する

 

ご質問や面談のご予約はお気軽にお電話(076-255-1926)~かなざわ登記支援司法書士事務所~まで、お問い合わせください。