家族信託

○○○○○○○○イメージ

「家族がもめないように。相続のプランをきちんと練っておきたいが……」

相続税の平成27年の改正により、一層、相続が注目されているようです。


○○○○○○○○イメージ

「遺言を書くのは気が引ける」

相続対策には3つあるといわれてきました。

1、相続税を軽減するための対策としての節税。

2、相続税の納税資金の対策として

3、遺産分割対策としての、「争続」の防止に。

その対策の一つに、生前贈与があります。

「生きている間に財産をあげる」-生前贈与

遺言と同じ効果があり、「争続」対策のために。もめない➀遺志表示として②納税資金対策としては、お金を贈与することにより、相続税を払う財源として③節税対策としては、財産の減少のため、税金の軽減を図ることができます。

生前贈与は偏った贈与をしない限りは、相続対策として有効です。

 

相続トラブルは、資産家だけの問題ではない!?


争続トラブルは、一般家庭に多い

○○○○○○○○イメージ

「うちは争うほど、お金ないから大丈夫」

相続トラブルは、資産家だけの問題ではなくなっています。

公的なデーターにみても、ごく普通の一般家庭にこそ、むしろトラブルになりやすいと言われています。

一般家庭は、相続の主な財産が自宅になりますので、複数の相続人がいる場合、自宅を継いだ人以外から不満が出ることがあります。

お金で解決しようにも、手元に現金がなかったり、相続税を払う現金もない場合に、問題が生じるケースがあります。

 

相続対策には、「遺言」を書くのが一番といわれてきました。

 


○○○○○○○○イメージ

「おじいちゃん、遺言、書いてなかったみたい・・」

財産の承継を考え、家族がもめないようにと思いながら、遺言を書くことを躊躇している方が多いのも現状です

そこで、最近注目されているのが、「家族信託」です。

「家族信託って?」

「信託」は、簡単に言うと、財産の運用・管理を信頼できる人、専門の機関に任せる仕組みを言います。

家族信託の場合は、財産の運用・管理を信頼できる家族・親族に託する信託方法です。

生前贈与・生命保険も視野に入れ、家族信託を検討されてみたい方は、お気軽にご相談ください。