帰化申請

帰化について


司法書士は、帰化申請の書類作成で、外国人の方の帰化のお手伝いをしています。

 

金沢市でも、中国や、韓国から来ている方にお会いする機会が増えました。

中国・韓国・フィリピンからの

帰化を、ご希望される方は,お気軽にご相談下さい。



「帰化とは、本人の希望により他国の国籍を取得しその国の国民となることをいう」
出典 帰化 - Wikipedia

帰化とは,日本国籍を持たない人が,日本人になりたいと思い,日本国籍を取得することです。
ただ,原則として,国籍はひとつしか持つことができないため,帰化して日本国籍を所得した場合は現在の国籍を失うこととなります。

帰化するためには,その旨を法務大臣に申請し,許可を得なくてはなりません。


日本においては,帰化の許可は法務大臣の権限となっています【国籍法第4条】。

法務大臣が帰化を許可した場合は,官報に告示され,その告示の日から効力が生じます。

【国籍法第10条】。

「一定の条件を満たす人は普通帰化申請の要件のうちいくつかの条件が免除」
出典 外国人参政権に反対する会 公式サイト

日本で生まれ育った外国人の方々や、大学への留学や就職などで日本に来て、そのまま日本に永住したいという希望をお持ちの方々がいらっしゃいます。

日本国籍を取得され日本人になるためには、法務大臣の許可が必要で、具体的には法務局を窓口とする帰化申請手続きをおこなうことになります。

帰化申請では最終的に帰化が許可されるためには、1年ないしそれ以上の時間がかかることも多く、申請の際に様々な書類等を添付しなければならないことから、手続きの煩雑さに躊躇される方も多いようです。

しかし、当事務所にご相談いただければ、帰化の手続きの流れについて分かりやすく説明し、必要な書類の収集や作成についてもアドバイス致します。

「今日、いかなる国の国籍立法でも帰化を認めないものはない」
出典 帰化 とは - コトバンク

帰化には,普通帰化・簡易帰化・大帰化という種類があり,それぞれ要件が異なります。

・参政権を取得出来ます。
・社会保障面で保護が手厚くなる。
・日本のパスポートが取得可能になり,ビザがなくても多くの国に旅行に行ける。
・住民票が取得可能になる。
・配偶者(夫または妻)が日本人の場合,同じ戸籍に入れる。
・再入国許可が不要となり,強制退去の対象からも外れます。
・出入国が自由になる。
・外国人登録証明書等を携帯する必要がなくなる。
・役所等での複雑な手続きから解放される。


・母国の国籍を喪失する。
・帰化申請後,再度,元の国籍に戻すことは極めて困難である。

本人申請の場合,必要書類の収集や手続等の調査のため,大変な労力や時間がかかります。

申請には,本国の戸籍や各種証明書が必要となります。取り寄せ方法は国によって異なりますが,領事館で申請する場合や,直接本国の役所に申請をしなくてはならない場合もあります。

また,取り寄せた書類を日本語に翻訳する必要もあります。

司法書士に依頼した場合,司法書士が書類作成を行い,手続も円滑に行われます。

本人が申請して、費用を抑えられるといった面もありますので、どちらの場合にも,メリット・デメリットは存在します。

帰化申請されるうえでの,多くの悩みや心配事について,どんな些細なことでも構いませんので,お気軽にご相談ください。



あくまで,一般的な場合です。

司法書士が、誠実、丁寧に対応いたします。ご相談内容により、事前にご持参頂くようご案内した書類などがありましたら、それらも確認をさせて頂きます。

なお、司法書士は法令により本人確認義務が定められていますので、当日は運転免許証、健康保険証、住民基本台帳カード、パスポートなどの確認もさせて頂きます。

お客さまのご相談を伺ったうえで、司法書士がお客さまの事案に最適な永住許可申請、帰化申請の手続きをご提案します。ご不明な点がありましたら、さらに説明させて頂きますのでご安心下さい。また、見積りを出し、実費、報酬などの説明を丁寧に分かりやすくご案内します。見積りを超える金額は、請求いたしません。


お客さまの状況に合わせた資料を収集し、永住許可申請、帰化申請の書類を作成します。書類が全て揃いましたら、永住許可申請の場合は入国管理局に、帰化申請の場合は法務局に申請をします。


帰化申請の場合は、法務局で審査官との面談があります。(※法務局へ出向く必要があります。)永住許可申請の場合は特に面談はありません


永住許可申請の場合は約6か月、帰化の場合は約1年で許可が通知されます。

もし不許可になった場合は、不許可理由を確認してまた申請することになります






1.帰化申請する人の住所を管轄する法務局で申請を行います。

2.帰化申請する本人が窓口申請を行う必要があります。専門家に依頼していた場合でも,申立人が法務局に行かなければなりません。
※申請する本人が15歳未満の場合は,法定代理人(親権者や後見人)が申請に行くことになります。


3.帰化申請する本人が,帰化許可申請書と一緒にその他必要書類も提出します。なお,帰化申請する本人が15歳未満で法定代理人(親権者や後見人)が申請に行く場合,法定代理人である旨を証する書面も提出する必要があります。


4.帰化申請から一定期間経過後に,法務局での面接が行われます。面接は,申請を行った法務局で平日に行われます。何らかの事情で,法務局が指定した日時にどうしても行けない場合は,担当官にその旨を伝え,別の日時に変更してもらえるよう話してみて下さい。


① 申請書の記載内容の確認

帰化申請する際に,提出した申請書の内容について,担当官から質問を受けることになります。

日本に来た経緯や日本で結婚されている場合はその経緯など,一人一人それぞれ聞かれる内容も異なります。

② 日本語の理解度の確認

帰化後,日本人として生活していく上で,日本語の読み書きや日本語を話せることが不可欠になってきます。

法務局での面接では,帰化申請される人の日本語力についてもチェックしています。

≪注意≫

なお,専門家に依頼をした場合でも,面接はご本人のみで受けていただかなくてはなりません。

法務局での面接が終わったあとは,法務省での審査が行われ,その結果が通知されることとなります。

 



(1)外国人登録証明書の返納

帰化が許可されてから14日以内に,金沢市(お住まいの地域の市町村)長宛に外国人登録証明返納届を提出する必要があります。

(2)帰化届の提出

帰化が許可され日本国籍を取得したら,新たに日本人として戸籍を作成する必要がありますので,帰化が許可されてから1ヶ月以内に、金沢市(お住まいの地域の市町村)に帰化届を提出します。帰化届を提出する際には,帰化者の身分証明書を添付する必要があります。

※ 新戸籍について

市町村長に帰化届を提出した後に新たに戸籍が作られます。

※ その他,帰化許可前に行っていた契約の変更手続(例:不動産の登記名義人の変更手続)やパスポートの申請,自動車免許証の氏名・本籍地の変更手続など早急に対処することが必要です。

30分まで無料 です。

•30分を超える場合でも依頼につながる相談の場合は無料です。

2回目

•30分ごとに5,250円(税込)。ただし相談後に依頼する場合は無料です。

帰化申請についての質問や相談は、かなざわ登記司法書士事務所にお気軽にお問い合わせください。