成年後見の申し立ての注意点

成年後見の申立てをする際に注意すべき点は?

資産運用・資産管理の支援 

認知症による不自由さ。家族の気持ち・葛藤。。
それを補う手だてのひとつに成年後見があります。

引き受ける側にも、責任が伴います。



不動産売却、遺産分割など成年後見申立ての動機となったものが解決できたからといって、辞めるわけにはいきません。



後見人が自分のために使ってしまうと横領罪になってしまいます。


財産が多い場合などに監督人が選任される場合があります。


この場合、審判後確定前までに取り下げるということは原則できません。



親族後見人が多額の財産を管理する負担を減らすため、現金・預貯金を信託銀行に預けて管理運用してもらうことになる場合があります。信託銀行との契約は、司法書士などの専門家が行うこととなります

成年後見のご相談は、かなざわ登記支援司法書士事務所にお気軽にお問い合わせください。